Forget that page Chrome拡張 現在のページだけの履歴をワンクリックで削除できる

現在表示しているページだけの履歴を削除するのに便利

Forget that pageとは、Google Chromeで現在表示しているページの履歴やCookieなどのプライバシー情報を削除する拡張機能です。

Forget that page Chrome拡張 履歴 削除

Forget that page - Chrome ウェブストア https://chrome.google.com/webstore/detail/forget-that-page/nolcpahhgjbmaoemlhaiplpjlljaefic

履歴やCookieをすべて削除するのではなく、現在表示しているページだけのプライバシー情報を削除したいときに便利なのが、Forget that page Chrome拡張です。

ツールバーアイコンをクリックするだけで、そのページに関する履歴、Cookie、また、ローカルストレージのデータなどの情報をChromeから削除できます。

アイコンクリックで現在のページの履歴をすばやく削除

Forget that page Chrome拡張の使い方は、とてもシンプルです。

履歴やCookieなどのプライバシー情報を削除したいページを表示したら、ツールバーの「ほうき」アイコンをクリックしてみましょう。

Forget that page Chrome拡張 履歴 削除完了のメッセージ

すると、「このサイトはあなたの閲覧履歴から削除されました。」とメッセージが表示され、現在表示しているページに関する履歴が削除されます。

削除が完了したら、「Ctrl + H」キーで履歴を表示して、現在のページが削除されているか確認してみましょう。

なお、削除される履歴はドメイン全体ではなくページ単位なので、同じドメインの他のページは履歴に残ります。

Forget that page Chrome拡張 履歴 削除 オプション

Forget that pageでは、オプションで削除するプライバシー情報を選択することもできます。

削除できる項目は、履歴以外に、Cookie、ローカルストレージ、セッションストレージ、ダウンロードリストの4項目です。

デフォルトでは、すべてオンになっていますが、削除したくない情報があるときはオフにしておきましょう。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2017 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Chrome拡張の最新記事

HTTP Status Chrome拡張 - HTTPステータスコードをツールバーで確認できる 2017/10/10

Focus - アクセスを禁止するシンプルなサイトブロッカーのChrome拡張機能 2017/10/03

ExtManager - アイコンリストからChrome拡張機能の有効/無効を切り替え 2017/09/20

Default NewTab - 新しいタブをGoogle検索ボックス+αのシンプルなタブに置き換える 2017/09/14

super memo note - 複数のメモをグリッド表示するChrome拡張機能 2017/09/05

ScreenOFF - 3つのモードでスクリーンショットを保存するChrome拡張機能 2017/08/30

History Disabler - 閲覧履歴を完全に無効化できるChrome拡張機能 2017/08/18

Video Downloader professional - 動画の認識が速い動画ダウンロードのChrome拡張機能 2017/08/11

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com