Font Rendering Enhancer Chrome拡張 Webページのフォントを強調して読みやすくできる

Webページのフォントをより濃くクリアに表示

Font Rendering Enhancerとは、Webページのフォントを自動的に読みやすく表示するChrome拡張です。

Font Rendering Enhancer Chrome拡張 フォント 強調 読みやすく

Font Rendering Enhancer - Chrome ウェブストア https://chrome.google.com/webstore/detail/font-rendering-enhancer/hmbmmdjlcdediglgfcdkhinjdelkiock

「Google ChromeでWebページの文字が薄くて読みにくい」というときにおすすめなのが、Font Rendering Enhancer Chrome拡張です。

CSS3プロパティを調整することで、ほとんどのWebページ(http and https)のフォントを、より濃くクリアに表示することができます。

スライダーでフォントの濃さを調整する

Font Rendering Enhancer Chrome拡張をインストールしたら、ツールバーに追加された「A+」アイコンからオプションを開きましょう。

Font Rendering Enhancer Chrome拡張 フォント 強調 読みやすく オプション

「Chrome Font Rendering Control」が開くので、「Drag Font Width」のスライダーでフォントの濃さを調整します。

デフォルト値は「100」で、もっともフォントが濃くクリアに表示されます。もう少し薄くしたいときは、値を小さくしてみましょう。

Font Rendering Enhancer Chrome拡張 フォント 強調 読みやすく ボールド

ノーマルの文字は、ボールドをかけたように強調されます。もともとボールドだった文字はさらに強調されるので、少し潰れた感じになりますね。

Ubuntu 16.04とWindows 7試してみましたが、Ubuntuでは日本語フォントと英語フォントの両方が濃くなりましたが、Windows 7の日本語フォントは、若干文字が濃くなる程度で、あまり効果はないようです。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2016 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed