Chrome拡張のオプション画面をLightBox風に重ねて表示する方法

Chromeの拡張機能オプションを新しいタブではなく埋め込み要素で表示する

Google Chromeにインストールされた拡張機能のオプションは、標準で新しいタブに開かれます。

Chrome 拡張機能オプション 重ねて表示

オプション画面を新しいタブではなく、LightBox風に拡張機能の画面上で開きたいときは、Chromeの試験運用機能を使いましょう。

「拡張機能オプションの埋め込み」オプションを有効にすれば、オプションを「chrome://extensions」の埋め込み要素として表示することができます。

※ Chromeの試験運用機能は、随時変更、中断、提供中止されることがあります。また、機能のいずれかを有効にした場合に生じる結果については保証されません。

拡張機能画面から直接オプションを変更できる

オプションを新しいタブではなく拡張機能画面の上に重ねて表示するには、以下の試験運用機能のアドレスにアクセスします。

Chrome 拡張機能オプション 埋め込み 試験運用機能

chrome://flags/#enable-embedded-extension-options

「拡張機能オプションの埋め込み Mac, Windows, Linux, Chrome OS」が表示されるので、「有効にする」をクリックしたら、「今すぐ再起動」でChromeを再起動しましょう。

何かインストール済みの拡張機能のオプションをクリックすると、LightBox風にウィンドウが開いてオプションが表示されるので、あとは直接オプションを変更しましょう。

Chrome 拡張機能オプション 埋め込みで表示 横幅

オプション画面のサイズは、開いたときのメインウィンドウに合わせてリサイズされるようですね。

だだ、拡張機能によっては横幅がうまく調整されず、この画像のようにスクロールしないと右上の「×」アイコンが表示されないものがあります。

オプションは「Esc」キーで閉じることができるのですが、「×」アイコンが見えるようにフィットするとよかったですね。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2016 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed