LockPW Chrome拡張 起動パスワードや画面ロックのパスワードを設定できる

Chromeをパスワードで保護して勝手に使われないようにできる

LockPWとは、Google Chromeに起動パスワードや画面ロックのパスワードを設定する拡張機能です。

LockPW Chrome拡張 起動 パスワード

LockPW - Chrome ウェブストア https://chrome.google.com/webstore/detail/lockpw/pcddogkbbapgikkkbjaipefkbmlbofio

「自分のChromeを勝手に起動して使われたくない」というときにおすすめなのが、LockPW Chrome拡張です。

Chromeを起動しようとするとパスワードが要求され、正確なパスワードを入力しない限り、起動できないように設定できます。

また、任意のタイミングで画面ロックすることもできるので、一時的に離席するときなどにも便利です。

ウィザードに従ってChromeにパスワードを設定する

LockPW Chrome拡張をインストールすると、パスワード設定のウィザードが開くので「OK」ボタンで次へ進みましょう。

LockPW Chrome拡張 起動 パスワード シークレットモードの許可

まず、シークレットモードでの実行を許可する必要があります。

「1. Open [chrome://extensions/]」ボタンをクリックすると拡張機能画面が開くので、「シークレットモードでの実行を許可する」オプションをオンにします。

LockPW Chrome拡張 起動 パスワード 使用方法

次の画面では、Linux, Windows, Macの各OSごとに、パスワードを忘れてしまったときの対処方法など、詳細な使用方法を参照できるので、必要に応じて確認しましょう。

LockPW Chrome拡張 起動 パスワードの入力とオプション

最後に、パスワードとヒントを入力して、「Save」ボタンをクリックすればパスワード設定は完了です。

あとは、Chromeを再起動してパスワードが要求されることを確認しましょう。

デフォルトでは、3回パスワードを間違えるとChromeのウィンドウが閉じて、やり直しになります(オプションで変更可能)。

起動した後に、任意のタイミングで画面ロックするには、右クリックメニューから「LockPW」を選ぶだけです。

【注意】 LockPWでは、よりセキュリティを高めるために、パスワードダイアログ以外の部分をクリックすると、Chromeが終了するようになっています。そのため、One Windowのようなウィンドウを操作する拡張機能と併用すると、Chromeが起動できなくなります。

なお、設定したパスワードをChromeから削除したいときは、一旦ログインしてからLockPW Chrome拡張を削除しましょう。

万一、Chromeが起動できなくなったときは、LockPWの拡張機能フォルダ(Linuxなら「/.config/google-chrome/Default/Extensions/pcddogkbbapgikkkbjaipefkbmlbofio/」)を削除すれば起動できるようになります。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2016 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed