Save Webpage As Word Document Chrome拡張 Webページをワード文書(docx)に変換して保存できる

Webページ全体や選択範囲を文書構造を維持してワード文書(docx)に変換できる

Save Webpage As Word Documentとは、現在表示しているWebページをワード文書(docx)に変換して保存できるChrome拡張です。

Save Webpage As Word Document Chrome拡張 Webページ ワード 変換

Save Webpage As Word Document - Chrome ウェブストア https://chrome.google.com/webstore/detail/save-webpage-as-word-docu/mcebgdgbcbdkgdljffnkkbekldnidbmn

Webページのテキストや画像などをワード文書(docx)に変換して編集したいときにおすすめなのが、Save Webpage As Word Document Chrome拡張です。

Webページ全体だけでなく、マウスで選択した範囲だけを変換することもでき、日本語のページでも文字化けすることなく変換できます。

また、HTMLの構造を読み取って、見出しや段落、画像などを抽出するので、文書構造を維持した状態でdocxに変換できます。

Webページをワード文書(docx)に変換して名前を付けて保存する

Save Webpage As Word Document Chrome拡張をインストールしたら、ワード文書(docx)に変換して保存したいWebページを表示して、ツールバーに追加された「W」アイコンをクリックしましょう。

Webページ全体をワード文書(docx)に変換したいときは、「Document as word documet」メニューから「Complete page」をクリックします。

Save Webpage As Word Document Chrome拡張 Webページ ワード 変換 名前を付けて保存

すぐに変換処理が開始され、完了すると名前を付けて保存ダイアログが表示されるので、あとは、「↓」アイコンをクリックして変換したワード文書(docx)をダウンロード保存しましょう。

また、Webページを範囲選択してからメニューを表示すると、「Current Selection」メニューが有効になるので、クリックすれば、その範囲だけを保存することもできます。

Save Webpage As Word Document Chrome拡張 Webページ ワード 変換 docxを開く

保存されたワード文書(docx)を開くと、見出しや段落、画像、テーブル、またリンクなどHTMLの構造が維持されているのがわかりますね。

PDF変換ではないのでレイアウトが維持されるわけではありませんが、テキストや画像を編集したいときに便利です。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2017 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Chrome拡張の最新記事

Quick Color Converter - カラーコードのHEX-RGB変換がすばやくできるChrome拡張機能 2017/10/19

HTTP Status Chrome拡張 - HTTPステータスコードをツールバーで確認できる 2017/10/10

Focus - アクセスを禁止するシンプルなサイトブロッカーのChrome拡張機能 2017/10/03

ExtManager - アイコンリストからChrome拡張機能の有効/無効を切り替え 2017/09/20

Default NewTab - 新しいタブをGoogle検索ボックス+αのシンプルなタブに置き換える 2017/09/14

super memo note - 複数のメモをグリッド表示するChrome拡張機能 2017/09/05

ScreenOFF - 3つのモードでスクリーンショットを保存するChrome拡張機能 2017/08/30

History Disabler - 閲覧履歴を完全に無効化できるChrome拡張機能 2017/08/18

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com