Windows, Linux版のChromeのブラウザトップにマテリアルデザインを適用する方法

ツールバー・アドレスバー・検索ボックスにマテリアルデザインを適用

WindowsやLinux版のGoogle Chromeのツールバーやアドレスバーには、従来の立体的なデザインが採用されています。

Chrome マテリアルデザイン ブラウザトップ

Chromeの試験運用機能を使えば、Windows, Linux版のChromeでも、ツールバーやアドレスバーなどのブラウザトップに、マテリアルデザインを適用することができます。

Chromeの上部アイコンやメニューを、すっきりとしたデザインに変更したい方におすすめです。

※ Chromeの試験運用機能は、随時変更、中断、提供中止されることがあります。また、機能のいずれかを有効にした場合に生じる結果については保証されません。

試験運用機能でブラウザトップのマテリアルデザインを有効にする

Chromeのブラウザトップにマテリアルデザインを適用するには、まず、以下の試験運用機能のアドレスにアクセスします。

Chrome マテリアルデザイン 試験運用機能

chrome://flags/#top-chrome-md

「ブラウザのトップ chrome 部分のマテリアル デザイン」セクションが表示されるので、「マテリアルを使用しない」を「マテリアル」に変更しましょう。

ページ下部にある「今すぐ再起動」をクリックしてChromeを再起動すると、ブラウザトップにマテリアルデザインが適用されます。

Chrome マテリアルデザイン ツールバー アイコン

まず変化に気づくのは、ツールバー左にある「前に戻る/次に進む」や「ホーム」アイコンです。

クリックしただけではわかりにくいですが、ボタンを押したままにすると、アイコンの背景がアニメーションで変化するようになっています。

また、アドレスバーのボックスやアイコンがよりシャープになり、ツールバー右の「Google Chromeの設定」アイコンが横線3本から縦にドット3個に変わります。

検索ボックスにもマテリアルデザインが適用され、ブラウザトップがすべてマテリアルデザインに統一されていますね。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2016 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed