Mortality - New Tab Chrome拡張 生まれてから何日経過したかを新しいタブに視覚的に表示する

生まれてからの経過日数と残りの人生が視覚的にわかる

Mortality - New Tabとは、Google Chromeの新しいタブに、生まれてから何日経過したかを表示する拡張機能です。

Mortality - New Tab Chrome拡張 生まれてから何日経過したか

( Mortality - New Tab Default Theme )

Mortality - New Tab Chrome拡張 生まれてから何日経過したか レトロテーマ

( Mortality - New Tab Retro Theme )

Mortality - New Tab - Chrome ウェブストア https://chrome.google.com/webstore/detail/mortality-new-tab/eeedcpdcehnikgkhbobmkjcipjhlbmpn

生まれてからどのくらい経ったのかを、新しいタブを開くだけでいつでも確認できるのが、Mortality - New Tab Chrome拡張です。

「年・月・日・時間」の数値による経過だけでなく、月を表す「●」の数と明るさで、視覚的に生まれてからの経過日数と残りの人生の期間がわかるようになっています。

生年月日を設定して生まれてから何日経過したかを確認する

Mortality - New Tab Chrome拡張をインストールして新しいタブを開くと、生年月日などの設定画面が開きます。

Mortality - New Tab Chrome拡張 生まれてから何日経過したか 生年月日の設定

まず、「When were you born?」ボックスに、生年月日を入力します。

「Select Precision」リストは、生まれてからの経過時間の表示単位です。デフォルトはミリ秒ですが、細かすぎるので「Hours」を選んで「時間」に設定しておきましょう。

「Submit」をクリックすると、生まれてからの経過が「年・月・日・時間」の数値で表示されます。

また、「●」の数と明るさで、視覚的に経過日数がわかるようになっています。

新しいタブに並べられた「●」は、平均寿命を80年として、そのひとつひとつが月を表します。

明るい「●」は今までに経過した月で、色の濃さが段階的に変わりますが、これは例えば「22歳で大学を卒業して、65歳までは仕事をして、そのあと80歳で亡くなるまでは隠居生活」のように、一般的なライフサイクルの7段階を示しています。

新しいタブのテーマや月を表す記号を変更する

新しいタブのテーマや月を表す記号を変更したいときは、左下の「i」アイコンをクリックして「Settings」ボタンをクリックしましょう。

Mortality - New Tab Chrome拡張 生まれてから何日経過したか テーマの変更

「Select Theme」リストからテーマを変更できます。「Default」以外にも全部で11種類のテーマが用意されているので、好みのテーマを選択しましょう。

また、「Squares」をチェックすれば、月を表す記号に「■」を使うこともできます。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2016 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed