zoomWheel Chrome拡張 マウスホイールでWebページを拡大・縮小する

拡大鏡アイコンまたは右ボタンとマウスホイールでWebページを拡大・縮小できる

zoomWheelとは、マウスホイールを使って、すばやくWebページを拡大・縮小できるChrome拡張です。

zoomWheel Chrome拡張 拡大 縮小

zoomWheel - Chrome ウェブストア https://chrome.google.com/webstore/detail/zoomwheel/kdfgigbjonaniokmpfflpflkhahhbaej

マウスホイールにWebページの拡大・縮小機能を追加できるのが、zoomWheel Chrome拡張です。

Webページ上に半透明の拡大鏡アイコンを表示して、マウスホイールを上下するだけで拡大・縮小することができます。

また、マウスの右ボタンとホイールの組み合わせでも拡大・縮小できるので、通常のマウスホイールによるスクロール動作の邪魔になりません。

オプションで拡大・縮小の範囲やホイールの間隔を設定する

zoomWheel Chrome拡張をインストールすると、Webページの右上に半透明の拡大鏡アイコンが表示され、現在の拡大率がわかります。

zoomWheel Chrome拡張 拡大 縮小 拡大鏡アイコン

この拡大鏡アイコンにマウスカーソルを当てたら、ホイールを上下に動かしてみましょう。

上に動かすと15%づつ拡大され、反対に下に動かすと15%づつ縮小されます。拡大率のラベルの上なら1%単位で変更することも可能です。

また、拡大鏡アイコンをマウスオーバーしていない状態でも、マウスの右ボタン+ホイールで同じ動作ができます。

拡大率をリセットして100%に戻したいときは、マウスの右ボタンを押したまま左ボタンをクリックしましょう。

zoomWheel Chrome拡張 拡大 縮小 オプション

拡大・縮小の範囲やホイールの間隔を設定したいときは、ツールバーのアイコンを右クリックして、「オプション」を開きます。

「Zoom Options」の「Set default zoom ratio for all pages as」でデフォルトの拡大率を、「Zoom Range」で最小%と最大%を、また、「Zoom Step」でホイールを動かしたときの間隔を、それぞれ設定できます。

拡大鏡アイコンを非表示にして、マウスボタンだけで拡大・縮小したいときは、「Display Options」の「Show magnifier icon and zoom ratio label」オプションをオフにしておきましょう。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2016 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed