SysInfo Chromeアプリ CPUやメモリなどのシステム情報をタブ形式で表示する

OSのロゴが表示されるタブ形式のシステムモニタ

SysInfoとは、Windows, Linux, Mac OSなど、ChromeがサポートされているOSなら動作する、Chromeアプリシステムモニタです。

SysInfo Chromeアプリ システム情報

SysInfo - Chrome ウェブストア https://chrome.google.com/webstore/detail/sysinfo/cbflinmmjjkdnojoeignjbclkjhijdei

Chromeの独立したウィンドウで、CPU、メモリ、ハードディスク、ディスプレイなどの基本的なシステム情報を確認できるのが、SysInfo Chromeアプリです。

各OSのローカルアプリのシステムモニタのように、タブを切り替えてシステム情報を選択できるのが特徴です。

また、動作させているオペレーティングシステムが一目でわかるように、そのOSロゴも表示されます。

タブを切り替えてCPU・メモリ・ハードディスクなどのシステム情報を表示する

SysInfo Chromeアプリをインストールしたら、Chromeアプリランチャーやブックマークバーの「アプリ」から「SysInfo」アイコンをクリックして、システムモニタを起動しましょう。

SysInfo Chromeアプリ システムモニタ メモリの使用量

まず、「Main」タブの「System Memory」に、リアルタイムで変化するメモリ使用率のバーが表示され、メモリの搭載量と空きメモリがわかります。

※ Linuxの場合、「Available Capacity」の数値は、バッファとキャッシュを除いたフリーのメモリになります。

「CPU Information」では、CPUの型番とコア数を確認でき、また、CPUのアイドル時間やカーネル時間なども表示されます。

SysInfo Chromeアプリ システムモニタ ハードディスク

次に、「Storage」タブに切り替えると、PCに接続されているすべてのハードディスクがリストアップされ、それぞれ総容量などがわかります。

SysInfo Chromeアプリ システムモニタ ディスプレイ

また、「Display」タブには画面解像度などの情報が表示され、「System」タブではOSの種類やChromeのバージョンなどを確認することができます。

なお、SysInfoのウィンドウは最小の固定サイズで起動されるので、さらに小さくすることができません。

フォントのサイズを変更したり、もう少しコンパクトなウィンドウにできるとよかったですね。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2016 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed