Simple Blocker Chrome拡張 特定のサイトをパスワード付きでブロックする

Webサイトのブロックリストを作成してパスワードを設定できる

Simple Blockerとは、Google Chromeから特定のサイトにアクセスできないようにする拡張機能です。

Simple Blocker Chrome拡張 サイト ブロック

Simple Blocker - Chrome ウェブストア https://chrome.google.com/webstore/detail/simple-blocker/akfbkbiialncppkngofjpglbbobjoeoe

「Chromeでブラウジングするときに、間違ってもアクセスしたくないサイトがある」というときに使えるのが、Simple Blocker Chrome拡張です。

特定のサイトのドメインをブロックして、アクセスしようとすると、ページが開く代わりにメッセージが表示されるように設定できます。

また、ブロックリストを勝手に解除できないように、オプションを開くためのパスワードを設定することもできます。

ブロックするドメインを登録する

Simple Blocker Chrome拡張をインストールすると、自動的にオプション画面が開きます。

Simple Blocker Chrome拡張 サイト ブロック ドメインの登録

「Website Blocklist」ボックスに、ブロックしたい複数のドメインを、改行で区切って入力しましょう。

「Save Blocklist」ボタンで保存すると、ブロックリストが有効になります。

Simple Blocker Chrome拡張 サイト ブロック メッセージ

試しに、ブロックしたサイトにアクセスしてみると「This page has been blocked by Simple Blocker」とメッセージが表示されて、アクセスできなくなります。

オプション画面にパスワードを設定する

Simple Blockerの「Enhanced Blocking」オプションを使えば、ブロックリストを勝手に解除できないように、パスワードを設定することもできます。

Simple Blocker Chrome拡張 サイト ブロック 拡張オプション パスワード

「Step 3」にある「Enter new password」と「Re-enter password」ボックスに、パスワードを入力したら「Save New Password」ボタンで保存します。

あとは、「Enable Password Protection」をオンにしておけば、オプションを開くときにパスワードが要求されるようになります。

なお、「Step 2」の「Block the Chrome Extensions Menu」オプションをオンにすると、拡張機能画面そのものをロックすることもできます。

拡張機能画面をロックして、さらにツールバーの「SB」アイコンを非表示にしてしまうと、通常の手段では、一切オプションにアクセスできなくなるので、注意してください。

その場合、「Shift+ESC」でChromeのタスクマネージャを起動して、Simple Blockerのプロセスを強制終了させれば、拡張機能画面が開けるようになります。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2016 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed