Image Properties Context Menu Chrome拡張 画像のプロパティ表示と拡大縮小ができる

画像のサイズや容量などのプロパティをコンパクトなウィンドウに表示

Image Properties Context Menuとは、Webページの画像の大きさやファイルサイズなどのプロパティを、コンパクトなウィンドウに表示する拡張機能です。

Image Properties Context Menu Chrome拡張 画像 プロパティ

Image Properties Context Menu - Chrome ウェブストア https://chrome.google.com/webstore/detail/image-properties-context/khagclindddokccfbmfmckaflngbmpon

画像をダウンロード保存することなく、画像プロパティを直接右クリックメニューから確認できるのが、Image Properties Context Menu Chrome拡張です。

コンパクトなプロパティウィンドウを開いて、画像のURL、画像の大きさ、ファイルサイズ、Altテキストなど、7つのプロパティを表示します。

また、画像ビューア機能も備えているので、ウィンドウ内で画像を拡大縮小することもできます。

画像を右クリックしてプロパティウィンドウを表示する

Image Properties Context Menuをインストールたら、プロパティを表示したい画像を右クリックして、「Image Properties」メニューを選びましょう。

Image Properties Context Menu Chrome拡張 画像のプロパティウィンドウ

コンパクトな画像のプロパティウィンドウが開き、以下の7つのプロパティを確認できます。

  • Location : 画像のあるページのURL
  • Source : 画像のURL
  • Dimensions : 画像の大きさ(ピクセル)
  • Alt text : 代替テキスト
  • Data URI : クリックでデータを表示
  • File Size : ファイルサイズ
  • MIME Type : MIMEタイプ

プロパティウィンドウのサイズは「640x450」ですが、オプションで変更できるので、よりコンパクトなウィンドウにすることもできます。

画像ビューア機能で画像を拡大縮小できる

プロパティウィンドウの上部は、画像の簡易ビューアとして機能します。

Image Properties Context Menu Chrome拡張 画像ビューア 拡大縮小

虫眼鏡アイコンをマウスオーバーすると、画像を拡大縮小するためのスライダーが表示されます。

右に移動すると拡大、左で縮小です。また、スライダーの左側にあるアイコンをクリックすると100%表示に戻せます。

画像を保存したいときは、簡易ビューアの画像を右クリックして「名前を付けて画像を保存」メニューで保存しましょう。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2016 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed