Mado Chromeアプリ リファレンス機能が便利なMarkdownエディタ

Markdownの記法がクイックリファレンスでわかる

Madoとは、Markdownのクイックリファレンス機能が付いた、シンプルで美しいデザインのMarkdownエディタです。

Mado Chromeアプリ Markdownエディタ

Mado Chromeウェブストア - https://chrome.google.com/webstore/detail/mado/gmmlaihnodfojphcmjeemhaeajaldcdj

基本的なMarkdownの記法を習得しながら、Markdownドキュメントを作成するのにおすすめなのが、Mado Chromeアプリです。

Markdown記法をクイックリファレンスで検索して、マークしたテキストはリアルタイムプレビューで確認できます。

Madoはオフラインでも使えるChromeアプリで、Linux, Windows, Mac OS Xで動作します。

Markdownの記法を検索してクイックリファレンスを表示する

Mado Chromeアプリをインストールしたら、デスクトップのChromeアプリランチャーやブックマークバーの「Apps」から、「Mado」アイコンをクリックして起動します。

初回起動時にはサンプルが表示されますが、ツールバーの一番左にある「New」アイコンをクリックして新しいテキストを開きましょう。

Markdown記法のリファレンスを参照するには、左ツールバーにある辞書アイコンをクリックして、検索ボックスを開きます。

Mado Chromeアプリ Markdownエディタ クイックリファレンス

「header」「bold」「list」「line break」など調べたい記法を入力すると、対応するマークが表示されるので、サンプルを参考にして記述してみましょう。

なお、よく使う改段落(HTMLの「p」タグ)は、文末で「Enter」キーを2回、また、改行(HTMLの「br」タグ)は、行末で半角スペース2個です。

Mado Chromeアプリ Markdownエディタ リアルタイムプレビュー

画面左側に記述したMarkdownは、右側のリアルタイムプレビューで確認できます。

マークしたテキストは、ツールバーの「Save as」アイコンからMarkdownドキュメント(拡張子 .md)に保存しましょう。

また、HTMLに変換してエクスポートしたいときは、「Export」アイコンをクリックです。

Mado Chromeアプリ Markdownエディタ 設定

なお、Madoのデフォルトでは、匿名情報を送信するようになっていますが、送信したくない場合は、ツールバーの設定アイコンから「Settings」を開いて、チェックを外しておきましょう。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2016 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed