FlashControl Chrome拡張 ブロックしたFlashを一時的に表示して再ブロックできる

Flashの自動ブロック→一時的に表示→再ブロックができる

FlashControlとは、Flash表示/非表示をコントロールするためのChrome拡張です。

FlashControl Chrome拡張 Flash ブロック

FlashControl Chromeウェブストア: https://chrome.google.com/webstore/detail/flashcontrol/mfidmkgnfgnkihnjeklbekckimkipmoe

デフォルトでFlashをブロックしておいて、気になったFlashだけを一時的に表示できるのが、FlashControl Chrome拡張です。

すべてのFlashを、カスタマイズ可能なプレースフォルダで置き換えて、そのURLをツールチップに表示します。

ブロックされたFlashは、クリックで表示できるだけでなく、再ブロックボタンで非表示に切り替えることもできます。

また、以前紹介したFlashFreeは、広告の表示/非表示がオプションでしたが、このFlashControlは、広告が一切表示されないアドフリーのChrome拡張です。

オプションでFlashのURLと再ブロックボタンを表示する

FlashControl Chrome拡張をインストールしたら、アドレスバーに追加されたFlashアイコンから「Preferences」を選んで、オプションを開きましょう。

Flashアイコンからは、特定のサイトをホワイトリストに登録して、Flashを表示することも可能です。

FlashControl Chrome拡張 Flash ブロック オプション

ブロックされたFlashのURLをツールチップに表示するには、「Placeholders」オプションの「Show Flash location tooltip」をチェックします。

Flashの再ブロックボタンを表示するには、「Show the reblock button」をチェックして、ボタンの位置を「Set the reblock button placement」から選んでおきましょう。

また、「Change the color」と「Change the icon」ボタンを使えば、プレースフォルダを好みのデザインにカスタマイズすることもできます。

オプションを閉じてWebページを表示したら、プレースフォルダに置き換わったFlashをマウスオーバーしてみましょう。

FlashControl Chrome拡張 プレースフォルダ 再ブロックボタン

ツールチップが表示され、クリックでFlashが表示されます。また、Flashを再ブロックしたいときは、左上の小さなFlashアイコンをクリックです。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2017 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Chrome拡張の最新記事

Quick Color Converter - カラーコードのHEX-RGB変換がすばやくできるChrome拡張機能 2017/10/19

HTTP Status Chrome拡張 - HTTPステータスコードをツールバーで確認できる 2017/10/10

Focus - アクセスを禁止するシンプルなサイトブロッカーのChrome拡張機能 2017/10/03

ExtManager - アイコンリストからChrome拡張機能の有効/無効を切り替え 2017/09/20

Default NewTab - 新しいタブをGoogle検索ボックス+αのシンプルなタブに置き換える 2017/09/14

super memo note - 複数のメモをグリッド表示するChrome拡張機能 2017/09/05

ScreenOFF - 3つのモードでスクリーンショットを保存するChrome拡張機能 2017/08/30

History Disabler - 閲覧履歴を完全に無効化できるChrome拡張機能 2017/08/18

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com