Zulu URL Risk Analyzer - URLをスキャンしてリンク先の危険性をリスクスコアで表示する

リンク先の危険性をスキャンしてスコアを表示

Zulu URL Risk Analyzerとは、URLをスキャンしてリンク先が危険かどうかを判断できる、WebアプリのURLスキャナーです。

Zulu URL Risk Analyzer URLスキャン

Zulu URL Risk Analyzer: http://zulu.zscaler.com/

「リンク先のWebページを表示する前に、その危険性を確かめたい」というときに使えるのが、Zulu URL Risk Analyzerです。

コンテンツにフィッシングなどの悪意のあるコードが埋め込まれていないか、URLやファイル名がブロックリストに登録されていないかなど、総合的にWebページの危険性をチェックできます。

WebページのURLをコピーペーストしてスキャンする

Zulu URL Risk Analyzerにアクセスしたら、「Submit a URL for Inspection」ボックスに、スキャンしたいWebページのURLをコピーペーストします。

「Submit URL」ボタンをクリックすると、URLスキャンが開始されるので、左側の「Status」が「finished」になるまで待ちましょう(外部リンクもスキャンされるため、多少時間がかかります)。

Zulu URL Risk Analyzer URLスキャン リスクスコア

スキャン結果右上には、総合評価が安全性の高い順に、「Benign」「Suspicious」「Malicious」の3段階で表示されます。

リスクスコアは最大100で、数値が小さいほどリスクが低いことを意味します。

Zulu URL Risk Analyzer URLスキャン 詳細レポート

また、総合評価の下には、詳細レポートが表示されます。

「External elements」は、ページに含まれる外部リンクのリスクが表示されます(最大10個まで)。

「Content checks」には、フィッシングなどの悪意のあるコードが含まれていないか、また、「URL cheks」には、URLやファイル名がブロックリストに登録されていないかのチェック結果が表示されます。

それぞれの項目の右上には、リスクスコアも表示されるので、危険度が数値でわかるようになっています。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2016 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed