Web Timer Chrome拡張 どのWebサイトを何分閲覧していたかを円グラフにして表示する

Chromeで閲覧したサイトの時間を記録する

Web Timerとは、Google Chromeで閲覧したWebサイトの時間を記録して、ドメイン別に円グラフで表示してくれるChrome拡張です。

Web Timer Chrome拡張 Webサイト 閲覧時間 記録

https://chrome.google.com/webstore/detail/web-timer/ggnjbdfgigejghknieofeahaknkjafim

Web Timer Chrome拡張では、Chromeのアクティブなタブで表示しているサイトの時間を、自動的に秒単位で記録します。

閲覧時間の統計はドメイン別に集計され、リアルタイムに円グラフで確認することができます。

オプションで除外するドメインや円グラフに表示するサイトの数を設定する

Web Timer Chrome拡張をインストールすると、すぐにアクティブなタブの閲覧時間の記録が開始されます。

閲覧時間は3秒ごとにアップデートされ、ツールバーのアイコンで確認できます。また、30秒間アイドル状態が続くと、記録が中断されます

Web Timerのオプションでは、特定のドメインの記録をさせないように設定することもできます。

Web Timer Chrome拡張 Webサイト 閲覧時間 記録 オプション

記録したくないドメインは、「Sites to Ignore」リストに登録しておけば、そのドメインの閲覧時間は記録されません。

また、「Chart Display Limit」オプションでは、円グラフに表示されるサイトの数を変更できます。

記録をすべて削除したいときは、「Clear All Data」オプションをチェックして、「Save」ボタンで保存しましょう。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2017 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Chrome拡張の最新記事

Last Tab Keeper - 最後のタブを閉じてもChromeを終了させない拡張機能 2017/11/15

Copy Link Text - 選択しづらいリンクテキストを簡単にコピーするChrome拡張機能 2017/11/07

Site Home - 現在のサイトのホームページにワンクリックで移動するChrome拡張機能 2017/10/31

Quick Color Converter - カラーコードのHEX-RGB変換がすばやくできるChrome拡張機能 2017/10/19

HTTP Status Chrome拡張 - HTTPステータスコードをツールバーで確認できる 2017/10/10

Focus - アクセスを禁止するシンプルなサイトブロッカーのChrome拡張機能 2017/10/03

ExtManager - アイコンリストからChrome拡張機能の有効/無効を切り替え 2017/09/20

Default NewTab - 新しいタブをGoogle検索ボックス+αのシンプルなタブに置き換える 2017/09/14

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com