Convert Case 英文テキストの大文字と小文字を一発で変換するオンラインツール

Convert Caseとは?

Convert Caseとは、コピーペーストした英文テキストの大文字小文字を、一発で変換するWebアプリです。

Convert Case 大文字 小文字 変換

http://www.convertcase.net/

Convert Caseでは、全て大文字に変換(UPPER CASE)、全て小文字に変換(lower case)、文頭の1文字だけを大文字に変換(Sentence case)、すべての単語の先頭文字を大文字に変換(Capitalized Case)の4種類のテキスト変換ができます。

変換したテキストは、ワンクリックでクリップボードにコピーできるほか、テキストファイルでダウンロードすることもできます。

Convert Case 4種類の方法で英文テキストの大文字と小文字を変換

Convert Caseにアクセスしたら、大文字と小文字を変換したいテキストを、変換ボックスにコピーペーストします。

Convert Case 大文字 小文字 変換ボタン

変換ボックスの下部にあるのが、大文字と小文字の変換ボタンで、左から「Sentence case」、「lower case」、「UPPER CASE」、「Capitalized Case」です。

それぞれのボタンをクリックするだけで、すぐにテキストが変換されます。

変換したテキストを保存したいときいは、「Download as txt」ボタン、また、クリップボードにコピーしたいときは、「Copy to Clipboard」ボタンをクリックしましょう。

日本語のテキストに含まれるアルファベットも変換できるので、何かと使えそうなWebアプリですね。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2017 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Chrome拡張の最新記事

Last Tab Keeper - 最後のタブを閉じてもChromeを終了させない拡張機能 2017/11/15

Copy Link Text - 選択しづらいリンクテキストを簡単にコピーするChrome拡張機能 2017/11/07

Site Home - 現在のサイトのホームページにワンクリックで移動するChrome拡張機能 2017/10/31

Quick Color Converter - カラーコードのHEX-RGB変換がすばやくできるChrome拡張機能 2017/10/19

HTTP Status Chrome拡張 - HTTPステータスコードをツールバーで確認できる 2017/10/10

Focus - アクセスを禁止するシンプルなサイトブロッカーのChrome拡張機能 2017/10/03

ExtManager - アイコンリストからChrome拡張機能の有効/無効を切り替え 2017/09/20

Default NewTab - 新しいタブをGoogle検索ボックス+αのシンプルなタブに置き換える 2017/09/14

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com