ADrive 50GBオンラインストレージ ファイル管理が強化されたversion1.0

ADrive v1.0でアップロードファイル管理機能が強化された

ADriveとは、無料アカウントで50GBというハードディスク並の容量が利用できるオンラインストレージです。以前紹介したときはADrive Betaでしたが、2008年7月にADrive version1.0がリリースされました!

ADrive オンラインストレージ

ファイルマネージャーが強化され、アップロードしたファイルの移動・コピーやファイル名の変更が簡単にできます。また、日本語にも対応したファイル検索機能も追加されました。

ダウンローダーも使いやすくなり、複数ファイルを選択してダウンロードできます。

無料アカウント(Basic)でストレージ容量50GB、アップロード容量1ファイル2GBに変更はありません。

ADrive - サブフォルダも含めてアップロードできる快適アップローダー

オンラインストレージADriveでは、サブフォルダも含めてファイルをアップロードできます。フォルダをアップロードするには、上部メニューの「Upload Files/Directories」をクリックします。

「Add」ボタンでアップロードしたいローカルフォルダを指定すると、フォルダの中に含まれるファイルがリストされます。ファイルサイズも表示されるのは親切ですね。

ADrive フォルダアップロード

アップロードしたくないファイルは、選択して「Remove」ボタンで削除できます。アップロードするファイルが決まったら「Upload」ボタンをクリックします。

ADrive アップロードプログレス

アップロードの進捗状況に、残りファイル数や時間が表示されるでいらいらしません。

ADrive サブフォルダ

アップロードが完了すると、サブフォルダのツリー構造も含めてファイルがアップロードされています。日本語ファイルも文字化けしていません。

複数のファイルをフォルダに分けてアップロードするには、とても便利なオンラインストレージですね!

ADrive - オンラインストレージにアップロードしたファイルの操作が簡単

ADriveのファイルマネージャーでは、アップロードしたあとに、サーバー側でファイルの操作が簡単にできます。

ファイルを移動・コピーする

ADrive ファイル選択

まず移動したいファイルの右側にあるチェックボックスをオンにして選択します(複数選択できます。)。次に下部メニューにある「Move To」をクリックします。

ADrive ファイル移動

あとは、移動先のフォルダをプルダウンメニューから選んで、「Submit」をクリックします。

ファイルのコピーも同様で、コピーしたいファイルを選んで、下部メニューの「Copy To」で行います。

ファイル名を変更する

名前を変更したいファイルの右側にある「虫眼鏡」アイコンをクリックするとファイルの詳細情報ダイアログが開きます。

ADrive ファイル名変更

「Rename」ボタンをクリック、新しいファイル名を入力して「Submit」ボタンを押せばファイル名が変更されます。

このファイルの詳細情報ダイアログからは、ファイルの移動・コピーや削除、ダウンロードなど、アップロードしたファイルに対する様々な操作ができます。

ADrive - 日本語ファイルも検索できる!ファイル検索ツール

オンラインストレージで50GBもあれば、当然必要になってくるのが検索機能ですよね!?

ADriveでは日本語のファイル名でも、ちゃんと検索することができます。検索方法も簡単で、メニューバーの左上の検索ボックスに、検索したい文字を入力するだけです。

ADrive ファイル検索

検索結果にはディレクトリも表示されるので、探したいファイルがどこにあるのか、すぐにわかりますね!

ADrive - 複数ファイルを選択して一括ダウンロードできる

ADriveで複数ファイルを選択してダウンロードするには、上部メニューにある「Downloader」をクリックします。

ADrive ダウンローダー

アップロードしたファイル一覧が表示されるので、ダウンロードしたいファイルを[Ctrl]キーを押しながらクリックで選んでいきます。

ファイルを選択したら、「Download」ボタンをクリックします。ローカルに同じファイル名がある場合は、ちゃんと上書きするかも尋ねてきます。

ADriveダウンローダーのすごいところは、フォルダ構造も含めてダウンロードできるところです。ダウンロードしてみるとわかりますが、サーバー上と同じフォルダ構成でファイルが仕分けされ、ローカルに保存されます。

ADrive - アカウントの作成が手軽にできるようになった

ADrive Beta のころはアカウントを作成時に、住所や電話番号まで必須入力でした。「ユーザー増やす気あるの!?」なんて前の記事で書きましたが。ADrive v1.0になって、このわるいところは改善されました!

ADrive アカウント作成

ADrive v1.0のアカウント作成画面で入力が必須なのは、「Country(国)」と「Zip/Postal Code(郵便番号)」だけになりました。これで気軽に試すこともできますね!

ADrive - 検索文字が3文字以上でないとファイル検索できない

これはいろいろと仕様なんでしょうけど、検索文字は3文字以上でないと、「Minimum 3 Characters for a Search」とエラーになり検索できません。

ADrive - フォルダ共有は次のバージョンに期待しましょう!

ADrive v1.0でもフォルダの共有はできませんでした。

「More Features Coming Soon...」にフォルダ共有が紹介されているので、次のバージョンに期待ですね!

ファイル共有の関連記事一覧 - Webアプリのいいところ

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://chromeapp.info/tb.php/38-f4e9c324

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2016 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed