CSS3 text shadow generator 影付き文字をGoogle Font APIを使って簡単に作成できる

CSS3 text shadow generatorとは?

CSS3 text shadow generatorとは、Google Font APIを使って、影付き文字をプレビューしながら作成できるWebアプリです。

CSS3 text shadow generator フォント 影付き文字

http://www.wordpressthemeshock.com/css-text-shadow/

CSS3 text shadow generatorでは、フォントと効果を選ぶだけで、プレビューした影付き文字のCSSコードを取得できます。

また、Google Font APIを利用しているので、ブラウザやOSに依存することなく、CSS3の影付き文字を表示できます。

CSS3 text shadow generator プレビューしながら影付き文字のCSSコードを取得する

CSS3 text shadow generatorにアクセスしたら、「Type here to change this text」ボックスに、プレビューしたい文字を入力します。

CSS3 text shadow generator フォント 影付き文字 プレビュー

フォントリストには、Google Web Fontが表示されるので、好みのフォントを選びましょう(リストに表示されるのはGoogle Web Fontの一部です)。

また、「Pressed」,「Embossed」,「Neon」など、効果をクリックすると、プレビューが変わります。

気に入ったプレビューが表示されたら、「Get Code」リンクをクリックするとコードが表示されます。

CSS3 text shadow generator フォント 影付き文字 コードの表示

自分のブログのテンプレートなどを開いたら、Google Font APIのスタイルシートへのリンクを、HTMLのhead要素にコピーします。

そして、text-shadowを含むCSSコードを、スタイルを適用したいCSSセレクタにコピーすれば、作成した影付き文字を表示できます。

デベロッパーツールの関連記事一覧 - Webアプリのいいところ

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2017 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Chrome拡張の最新記事

Last Tab Keeper - 最後のタブを閉じてもChromeを終了させない拡張機能 2017/11/15

Copy Link Text - 選択しづらいリンクテキストを簡単にコピーするChrome拡張機能 2017/11/07

Site Home - 現在のサイトのホームページにワンクリックで移動するChrome拡張機能 2017/10/31

Quick Color Converter - カラーコードのHEX-RGB変換がすばやくできるChrome拡張機能 2017/10/19

HTTP Status Chrome拡張 - HTTPステータスコードをツールバーで確認できる 2017/10/10

Focus - アクセスを禁止するシンプルなサイトブロッカーのChrome拡張機能 2017/10/03

ExtManager - アイコンリストからChrome拡張機能の有効/無効を切り替え 2017/09/20

Default NewTab - 新しいタブをGoogle検索ボックス+αのシンプルなタブに置き換える 2017/09/14

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com