Write Space Google Chrome内蔵型でオフラインでも使えるChromeアプリのテキストエディタ

Write Spaceとは?

Write Spaceとは、Google Chromeに内蔵され、オフラインでも使えるChromeアプリテキストエディタです。

Write Space Chromeアプリ テキストエディタ Google-Chrome

https://chrome.google.com/webstore/detail/aimodnlfiikjjnmdchihablmkdeobhad

Write Spaceは、文字が入力されるたびに自動的にテキストが保存される、オートセーブ機能を備えたテキストエディタです。

入力したテキストはローカルPCに保存されるので、オフラインでも使えます。

また、テキストエディタのフォントサイズや色、背景色など自由にカスタマイズできます。

※Chromeアプリのインストールには、Googleアカウントが必要になります。

※Chromeアプリの起動や削除、オプション変更は、Google Chromeの新しいタブにある「アプリケーション」から行います。

Write Space テキストエディタのフォントや背景色をカスタマイズする

Write Spaceのオプションを変更するには、Google Chromeの新しいタブにある「アプリケーション」から、Wite Spaceアイコンを右クリックして「オプション」を選びます。

Write Space Chromeアプリ テキストエディタ オプション設定

Write Spaceを起動すると、自動的にGoogle Chromeのフルスクリーンモードになりますが、「F11」キーで通常モードとの切り替えができます。

「Editor Width」オプションでは、フルスクリーンモード/通常モードともに、テキストが表示される横幅を設定します。

「Background Color」で背景色を、「Font Color」でテキストの色を、RGBで設定できます。

「Font Size」でフォントの大きさを設定したら、「Line Spacing」で行間を調整すると、テキストが切れずに表示されます。

オプションを変更したら、「Save」ボタンで保存しましょう。

メモ帳の関連記事一覧 - Webアプリのいいところ

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://chromeapp.info/tb.php/288-445a5ede

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2017 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Chrome拡張の最新記事

ExtManager - アイコンリストからChrome拡張機能の有効/無効を切り替え 2017/09/20

Default NewTab - 新しいタブをGoogle検索ボックス+αのシンプルなタブに置き換える 2017/09/14

super memo note - 複数のメモをグリッド表示するChrome拡張機能 2017/09/05

ScreenOFF - 3つのモードでスクリーンショットを保存するChrome拡張機能 2017/08/30

History Disabler - 閲覧履歴を完全に無効化できるChrome拡張機能 2017/08/18

Video Downloader professional - 動画の認識が速い動画ダウンロードのChrome拡張機能 2017/08/11

Convertuous - 調べたい単位をすばやく検索できる単位換算のChrome拡張機能 2017/08/01

Felt Temperature - 今の体感温度をシンプルに表示するChrome拡張機能 2017/07/18

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed