選択テキストをすぐに翻訳できるFirefoxアドオン「Inline Translator」

Webページの選択テキストを翻訳

Inline Translatorとは、Webページで選択した箇所を、すぐにテキスト翻訳するFirefoxアドオンです。

Inline Translator テキスト翻訳 Firefoxアドオン

Inline Translator :: Add-ons for Firefox https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/inline-translator/

Inline Translatorでは、Webページ上の翻訳したいテキストを選択するだけで、自動的にテキスト翻訳できます(翻訳には、Google AJAX Language APIを利用しています。)。

選択した箇所にテキスト翻訳を表示する

Inline Translatorをインストールすると、Firefoxのツールバーにアイコンが表示されます。

Inline Translator テキスト翻訳 Firefoxアドオン ツールバーアイコン

このアイコンのクリックで、Inline Translatorのオン/オフを切り替えることができます。

日本語をテキスト翻訳するには、メニューから「Preferences」を選びます。

Inline Translator テキスト翻訳 Firefoxアドオン 設定

「max text length to translate」ボックスには、翻訳を有効にする選択テキストの長さを設定します。ここで設定した長さ以下であれば、テキストを選択したときに翻訳結果が表示されます。

「translate to」リストからは、翻訳先の言語を選びます。日本語に翻訳する場合は、「Japanese」を選びます。

「閉じる」ボタンをクリックすれば、日本語へのテキスト翻訳が有効になるので、Webページ上の英文テキストを選択してみましょう。

翻訳するのに、いちいち他のタブやページを開かないで済むので、非常に便利ですね。単語だけを選択すれば、簡易版のオンライン辞書にもなります。

翻訳の関連記事一覧 - Webアプリのいいところ

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://chromeapp.info/tb.php/135-df10ef2d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2016 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed