HTTP Status Chrome拡張 - HTTPステータスコードをツールバーで確認できる

現在のページのHTTPステータスコードが簡単にわかる

HTTP Statusとは、現在のページのHTTPステータスコードをツールバーに表示するChrome拡張機能です。

HTTP Status Chrome拡張 HTTPステータスコード

HTTP Status - Chrome ウェブストア https://chrome.google.com/webstore/detail/http-status/cknfnacbckhfpjahnmkblajcpledpfnp

例えば、サイトをSSL化してURLが変わったときに、301リダイレクトが正常に動作しているかを簡単に確認できるのが、HTTP Status Chrome拡張です。

現在のページのHTTPステータスコードをツールバーに表示して、移動元と移動先のURLを色分けされたポップアップにわかりやすく表示します。

また、プルダウンリストからは、より詳細なサーバーのIPアドレスなどの情報を確認することもできます。

HTTPステータスコードやサーバーのIPアドレスなどの情報を確認する

HTTP Status Chrome拡張には、特にオプションはありません。インストールしたらステータスコードを確認したいWebページを開いてみましょう。

HTTP Status Chrome拡張 HTTPステータスコード 200 リクエスト成功

ブラウザでページが正しく表示された場合は、コード「200 OK」がツールバーに緑色で表示されます。

また、ポップアップのURLをクリックすれば、サーバーのIPアドレスなどの詳細情報をプルダウンリストから確認することもできます。

HTTP Status Chrome拡張 HTTPステータスコード 301 リダイレクト

サイトをSSL化した場合は、恒久的な移動を意味するコード「301: Permanent redirect」が、ツールバーにオレンジ色で表示されます。

HTTP Status Chrome拡張 HTTPステータスコード 302 リダイレクト

最近FC2ブログがSSL化しましたが、こちらはFC2の独自ドメインと同様に、なぜか一時的な移動のコード「302: Temporary redirect」が表示されるようですね。

Chrome拡張のいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2008-2017 Chrome拡張のいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Chrome拡張の最新記事

Quick Color Converter - カラーコードのHEX-RGB変換がすばやくできるChrome拡張機能 2017/10/19

HTTP Status Chrome拡張 - HTTPステータスコードをツールバーで確認できる 2017/10/10

Focus - アクセスを禁止するシンプルなサイトブロッカーのChrome拡張機能 2017/10/03

ExtManager - アイコンリストからChrome拡張機能の有効/無効を切り替え 2017/09/20

Default NewTab - 新しいタブをGoogle検索ボックス+αのシンプルなタブに置き換える 2017/09/14

super memo note - 複数のメモをグリッド表示するChrome拡張機能 2017/09/05

ScreenOFF - 3つのモードでスクリーンショットを保存するChrome拡張機能 2017/08/30

History Disabler - 閲覧履歴を完全に無効化できるChrome拡張機能 2017/08/18

ブログ「Chrome拡張のいいところ」について

おすすめのChrome拡張機能や設定を紹介するブログです。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com